1 名前:1[] 投稿日:2011/03/06(日) 23:26:11.25 ID:2Bjq47rB [1/9]

ちょっとある意味理系っぽい感じもありますが、こういうやり方でやってる人、いいなと思った人、一緒に頑張りませんか^^

ただ単に実践でなく、色々認識し、感覚を知り、意識したり考えながらやっていきましょう。

独学ですのでもしかしたら間違いあるかもしれませんがフォローいただけるとありがたいです。
また、詳しい方がいたらよければアドバイスいただきたいです。

とりあえず自分は今はまだ以下のような感じです。気付いたことなども挙げます。

2 名前:1[] 投稿日:2011/03/06(日) 23:26:57.29 ID:2Bjq47rB [2/9]

小さいころからカラオケなんてほとんど行きませんでしたし、通るような声や大きい声をあまり出すタイプじゃありませんでした。

そういうわけで一年前くらいまでは正直張り上げても地声でmid2D〜Eで限界でした。
(というか裏声はスカスカながら出せていましたが、恥ずかしながらその頃は、声には地声と裏声しかないと思っていて、そもそも裏声は歌で使うのは飾りくらいなものとか思っていました)


それでそのころ、友達に歌がとても上手い人がいて、憧れてボイトレしてみようと思いました。金がないので独学なのですが。



3 名前:1[sage] 投稿日:2011/03/06(日) 23:27:44.58 ID:2Bjq47rB [3/9]

まず最初二週間くらい何も考えず音楽を聞きながら合わせて歌ってみました。
無理矢理でもとにかくいっぱい歌ってくうちに勝手に音域あがると思っていたわけです(というか音域上がれば上手くなるって思い込みもひどいですねw)
それで結局天然ミックスさんでもなんでもないのでほぼ何も変わらず。しかも一時的ながら喉がおかしくなるという事態に。やっぱ知識ないと怖いですね。


それで上手い人とどう違うのか、筋肉の使い方から感覚まで根本的に細かく知りたいと思って調べることにしました。


たくさんのサイトやもちろん2chも見ましたが、やはりネットですので何が正しいかは分かりません。だから共通していたり信憑性の高そうなものをとりあえず取り入れてみようということになりました。



4 名前:1[sage] 投稿日:2011/03/06(日) 23:28:31.47 ID:2Bjq47rB [4/9]

とりあえずミックスボイスというのをここで知りました。簡単にいえばチェスト→ミドル→ヘッドという感じのあれです。

習得するのに色々みんな試行錯誤してるようでした。

チェストは今までの地声が中心で、あとのは裏声の要素がどうたらとかいてありました。


それでまず、『裏声強化』。
ほんとあほかっていうくらいにほーほーやりまくって
どんくらいやったか忘れましたが、不思議なことにどんどん芯が出てくるというかスカスカだったころとは大違いの音量で出るようになりました

これは、伸筋(輪状甲状筋)とかが強化されているとのことです

ここで、色々な声の出し方でどんな筋肉が働いてるかさらに興味を持ちました。



5 名前:1[sage] 投稿日:2011/03/06(日) 23:29:34.05 ID:2Bjq47rB [5/9]

調べてみると、とりあえず外筋をのぞいて主に

チェストが声帯筋(横筋と側筋も?)
ミドルが声帯筋と横筋と側筋と輪状甲状筋をバランスよく
ヘッドが横筋と側筋と輪状甲状筋をバランスよく
こんな感じで働いているようです。
(声帯筋と横筋と側筋を閉鎖筋、輪状甲状筋を伸筋、ってみんなよくまとめて言ってますね)

で、それぞれを練習していき、チェストミドルヘッドをそれぞれの換声点がわからないくらい滑らかにつなげられれば、どの声域も全部の筋肉をバランス変えて使って出せていることになるのかな?これがミックスボイスで一応私の理想であり目標です。

まぁ歌の上手さはミックスボイスとかだけでなく響かせ方なり抑揚なり色んな要素があると思いますが、まずこれが出せないと始まらない気がするので・・・。



6 名前:1[sage] 投稿日:2011/03/06(日) 23:30:21.05 ID:2Bjq47rB [6/9]

それでまず、ヘッド練習に入りました。

裏声で輪状甲状筋はOK、あとは横筋と側筋です。
まず、横筋と側筋はどういうとき使われているのか?
調べてみると、ささやいてるときには側筋が働いていて、そこでそのまま声門を閉じるとさらに横筋が働いた状態になるとのことです。
(声門閉じるのはもちろんリラックスして)

そのときの感覚を覚えながら、というかその状態を意識しながら裏声を出して繰り返していくうちに、ヘッドボイスぽいのができてきました。
(あと、他のサイトにあった、口の奥の天井の軟口蓋上げて、舌根下げるのをリラックスしてってのも意識しました)

頭に響くだとか大きく聞こえるとか、すごいできてからはほんとに実感しました。

で、あとこのとき思ったことなのですが、

この筋肉働いてるときにこの筋肉働かせる、などの作業やるとき、試行錯誤して色々と筋肉を使ってみたりする、それで加減も分からなくて無駄に力むと思います。

これで苦労する感じなら、試しに首の筋肉リラックスする動作色々やってみると激変すると思います。

・舌を上に突き出して顔を上下左右に動かす
・舌を引っ込めながら顔を上下左右に動かす
・手で首周りマッサージ
・リップロールやタングトリル

私はとりあえずこれで一気に変わりました。


7 名前:1[sage] 投稿日:2011/03/06(日) 23:31:13.36 ID:2Bjq47rB [7/9]

そして今度はミドルの練習に入りました。

ミドルを出すには、

ヘッドで使った横筋・側筋・輪状甲状筋に加えて、チェストで使う声帯筋を働かせなくてはなりません・・・。

どうすればいいかなーと悩み、まずヘッドとチェストを音階練習でつなげて交互に出すのをやってみました。

そしたら、
ヘッドのまま下げていくとチェストの領域に行くまでにスカスカというかボソボソになってしまう、といった感じ。

しかもチェストに切り替わるときに明らかに違う筋肉使ってる感じがしたので意味ない気がしてあまり長くやらずにやめました。


ミドルボイスは苦労するっぽいのが痛感できましたwww


それで諦めず色々試したわけですが、例えば
ヘッド状態のまま無理矢理地声だそうとして力めば、声帯筋でなく横筋と側筋が強まるだけでいわゆるキモ裏声ミドル的なのしか出なかったりなんなりと悪戦苦闘。


8 名前:1[sage] 投稿日:2011/03/06(日) 23:31:52.91 ID:2Bjq47rB [8/9]

そしてふと思いついたのが、
エッジボイスで感覚を磨いてみること。

エッジボイスはリラックスしたままできれば主に必要な筋肉のみで出せます。
息弱めるだけだしリラックスしやすいですよね。

チェストでやれば、声帯筋を使ったエッジボイス。

裏声というかヘッドでやれば、横筋・側筋を使ったエッジボイス。

これらが無理なくしっかり出せるまで繰り返しました。

それに加えてエッジボイスのままチェスト領域からヘッド領域までつなげて往復する音階練習をやりました。
今までの普段の発声じゃ全くできませんでしたが、エッジボイスだとわりとすぐつながるようになりました。


9 名前:1[sage] 投稿日:2011/03/06(日) 23:32:48.74 ID:2Bjq47rB [9/9]

それでそのとき気付いたのですが、チェストのエッジボイスと裏声(ヘッド)のエッジボイスで、ガガガってなってる位置が違う!

実際は同じところ(声帯)でガガガってなっていますが、自分の感覚には違いがあることを発見。

具体的に言えば、チェストのエッジは下のほう(喉仏らへん)で、裏声(ヘッド)のエッジは上のほう(軟口蓋らへん)でガガガってなってる感じです。

これを認識した途端、さらにつなげて往復するのがしやすくなりました。


しかも!上のほうと下のほうを同時にエッジすることも可能と判明。

これはつまり声帯筋・横筋・側筋を使ったエッジボイスだから、このまま輪状甲状筋働いてれば要はミドルの筋肉の使い方と一応同じになるわけです。



15 名前:1[sage] 投稿日:2011/03/07(月) 00:02:30.64 ID:3U7Kn5Nn [1/10]

そうつまり、それで裏声のエッジのまま下のガガガを加え、弱めた息を本来の強さに戻す(エッジボイス解除)、という作業を試行錯誤してみたところ、

なんか今までじゃありえなかったような声が出てきました!


ヘッドが頭に響くイメージならミドルは口全体、前のほうに響くイメージでしょうか。
とにかく疲れないで音量が結構出せてびびりました。


最後のエッジボイス解除の試行錯誤は、息量を増すのに喉に力入れてしまっては意味がないので、いわゆる腹式呼吸でやってみたらすっと上手くいきました

これは感激でした。


というか意識してないのにビブラートが勝手にwwwまだ小刻みでしたが超リラックスしてるときに出てきました。


16 名前:1[sage] 投稿日:2011/03/07(月) 00:03:01.72 ID:3U7Kn5Nn [2/10]

今この段階です。


まぁまだ完全に安定したミドルではないのでこれからもいっぱい練習しなくてはいけませんが・・・。


で、この上のほう下のほうの感覚が、すごいミドルとヘッドをつなぎやすくしてくれました。
ミドル出してて、音域がヘッドに差し掛かるときに下のほうの力抜けばすっと切り替わります。


ミドルとチェストをつなぐのがまだ安定してはいないけれど、徐々によくなってきた気がします。


と、以上長くなりましたが独学でやっていて色々気付いて、感じて、分かったことです。

どなたか一緒によろしくお願いします。上手くなりましょう!

あ、私はうpはしませんすみません。


“歌う力”をグングン引き出す ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術(CD付き)
高田 三郎 ロジャーラヴ 百瀬 由美
リットーミュージック
売り上げランキング: 6874


スポンサードリンク