760 : 選曲してください : 2010/03/28(日) 23:52:47 ID:b2pHQAcB [1/1回発言]

セスの本買ってみた。
英語だから読むの大変だけど、これすごいぞ。



761 : 選曲してください : 2010/03/28(日) 23:55:44 ID:TBury5hc [1/1回発言]

>>760
kwskお願いします


762 : 選曲してください : 2010/03/29(月) 00:00:38 ID:6CnN8mNY [1/2回発言]

英語読まずに勝手にお手本にそってやってるけど大丈夫だよね…


763 : 選曲してください : 2010/03/29(月) 00:13:04 ID:uvmwp3r1 [1/2回発言]

>>761
俺も今日届いて見始めたばかりだから、もっとやって落ち着いたら詳しく話すよ。
ざっというと、音域もめちゃめちゃ広く用意されてて色々な用途の練習がある。
CDが2枚あってすべての練習に、解説、例、練習っていう3種類の音源がある。

喉仏下げてやる練習とか、リップ、タングによる呼気の調整や音域拡張。
ほかにもたくさん用意されてる。
エッジボイスもあるし、ヘッド域拡張トレーニングとか。
後、有名人のコメントがたくさんある。

英語が高校生レベルくらいまで分かるならかって損はない本だと思う。


>>762
大変だけど読んだほうが絶対いいと思う。



764 : 選曲してください : 2010/03/29(月) 00:46:10 ID:6CnN8mNY [2/2回発言]

>>763
ですよね。
長い休みもあることなので読んでみようと思います。
エッジ練習関連でEx.20が高音を出すきっかけをうんでくれそう…な気がする。



765 : 選曲してください : 2010/03/29(月) 01:05:53 ID:m+beyZ+q [1/3回発言]

セスの本ってこれ?

Singing for the Stars
http://www.amazon.co.jp/dp/0882845284/vocalnews2c05-22/

日本語訳冊子付きのがあったけど、
高い上にサイトの作りがうさんくさいw

http://www.vocal-lesson.jp/category/1173858.html



766 : 選曲してください : 2010/03/29(月) 01:37:57 ID:uvmwp3r1 [2/2回発言]

>>765
それ!

確かに胡散臭いなw
日本語訳がいるほど激むずではないから、それはあまり要らないとおもう。
英語が苦手じゃなかったら7割くらいなら分かるはず。後は辞書でがんばるしかないけど

上の説明にもうちょっと付け加えると
エクササイズが全部でEX30まであって、
Part1 Building Confidence ってのが1〜13まである。
これがリップ、タング、喉仏下げ発声の練習
きっとウォームアップの章。

Part2 Toward Speech-Level Singings ってのが14〜26まで。
話すように音域を行き来できるようになる練習がどっさり入ってるぽい。

Part3 Technique Maintenance ってのが27〜30まで。
これは曲を歌ってテクニックを維持していこうっていうまとめの練習みたいなやつだと思う。
ここだけはフルで曲がないから練習するのは大変かも。
Part3の前置きには「ここまできたらSLSは出来てるはずです。しかし、悪い癖は治りにくいものです。」みたいなことがかかれてる。

あ、後日本のボイトレ本と違って図の絵がやけにリアルだからわかりやすいところもよかった。



Singing for the Stars: A Complete Program for Training Your Voice
Seth Riggs
Alfred Pub Co
売り上げランキング: 22012

スポンサードリンク